読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めいっぱい息をすること

2次元も2.5次元も3次元も。好きなことはとことん拗らせていくオタクが見たものの感想など

いなくなるなんて考えもしたことない

今回、若手俳優の話じゃありません。すみません。こないだいなくなったあの子の話。りななん。 ガチなエビ中ファンが2月8日からずっといろいろぐるぐる考え続けて、結局辛くて悲しい、という話です。 わたしはアイドルが好きだ。ただかわいい人が好きという…

柳浩太郎という人

短いです。そして若干今更感のあるはなし。 柳が俳優を辞めた。 正直、そうだよな、と思う気持ちがかなり大きい。 とはいえ、それと寂しいと思う気持ちは必ずしも相反するものじゃないと思う。 Dボ初期メンがこぞってブログでこの話題を出しているのも、本当…

「推しがいない」=「茶の間」なのか

前記事から相当時間が経ってしまった。気づけば今年もあと2か月ですか。 まじで年々時の流れの体感速度が速くなりすぎてこわい。あっという間に死ぬのかな。というかあっという間に老けるんだろうな。結婚できるかしら。とか考え始めるとまじでドキドキする…

ドラクエミュージアムに行ってきた

父親の影響で物心つかないころからドラクエのゲーム画面を見て育ったわたしにはいかない選択肢なんてなかった。 ということで迷わずメタルチケットを購入。少し時間が経ってしまいましたが7/23(土)、ドラゴンクエストミュージアムに行ってきました。 同年代…

「関係者席」という聖域

※いちオタクのひとりごとです。 内容はとっても良かったし、無事に全公演終了した作品なのであまりほじくり返すのもどうなんだろう…と思ったけれど、特定の作品に限らず舞台・その他エンタメ興行における「関係者席」についてなんとなくわたし個人の思ってい…

今さら3代目青学の話を

GWで帰省して、部屋を整理していたらかつて買い漁っていたミュキャス系のDVDが大量に出てきた。 超なつかしくて何枚か自宅に持ち帰ってきて久しぶりにいろいろ見てたんだけど、FROGSスピンオフとかもう何年ぶりに見るかもわからなくて、まだタカちゃんもスズ…

ネオロマンスという異空間(遙か祭2016に行ってきたよ)

※最初に述べておきますが、この記事は遙か祭2016のレポ、感想ではありません。(感想っちゃ感想ですが、イベントに参加したいちオタクがネオロマンスというものに対して常日頃思っていることだったり浮かんだ雑念をつらつら書いてい るだけですのであしから…

若手俳優の接触系イベントについて考える

先日、とある舞台の円盤発売イベントに参加してきた。 かつてわたしが若手俳優追っかけを全盛期でしていた(といってもプレ貢ぐとか公演全通とかはできなかったなんちゃって追っかけだけど)ころはまだ2.5次元舞台の土壌ができあがりつつある…ぐらいの時期だ…

オタクとミーハーと多趣味のはなし

わたしはオタクだ。 正確にいつから、というのはわからないけれど(大抵のオタクの人ってそうだとおもうけど、自分がいつからオタクだったのかってなぜか思い出せない) 人生の半分以上はオタクでいる自覚はある。でも、じゃあ、何オタクなの?と人に聞かれ…